著作権フリーで転載自由な植物図鑑&栽培講座 (一部引用部・広告部を除きます。)
フリー植物大全 > チ から始まる植物 >

チャノキ (お茶の木)

ツバキ科 ツバキ属
用途: 果樹 花木 庭木
↑のタブをクリックするとページが切り替わります。

チャノキ

チャノキ (お茶の木)の育て方

植え替え・植え付け適期は5月ごろです。根鉢は崩さないほうがいいでしょう。
苗木は春先に大型のホームセンターで800〜1000円程度で購入できます。
春には毛虫が発生するため、ピンセットなどで取り除きます。
葉を食用にする場合は、できる限り農薬を使用するべきではありません。
春、新芽が伸びたら、新芽が黄緑色のうちに、葉をはさみで切り取ります。家庭栽培では、手で摘むよりもはさみのほうがいいでしょう。ただし、はさみは清潔なものを使います。また、1枝あたり、2枚くらいの葉を残しておくべきです。

枯れる原因

この植物を枯らしてしまう原因は様々です。
それぞれの原因については、枯れる原因検索をご覧ください。

鉢植え

鉢植えは、8号鉢(=直径25cmくらいの鉢)以上の大きさの鉢に市販の培養土(野菜用でもかまわない)で植え付けて、植え付け直後半月間は、乾燥を避けるために半日陰で管理します。
鉢植えの水遣りは夏は毎日1回、冬は3日に1回程度行います。
鉢植えでは成長が遅くなるので、剪定は行わなくていいでしょう。

>>詳しい鉢植えの植え方・管理方法 

剪定・仕立て方

剪定時期は5月ごろです。一般的な家庭では、飛び出て邪魔になる枝を切り取る程度でかまいません。ただし、庭園などでは、長く飛び出た枝を切り取るほうが美しいでしょう。春に剪定すれば、枝の先端を切り返しても花は咲きます。
>>詳しい剪定方法・剪定の基礎を見る

仕立て方

茶畑ではかまぼこ型に刈り込みますが、家庭栽培では、剪定をせずに育ててもかまいません。植えつけたら2年ほどそのまま伸ばして、その後は、全体のバランスを見て、飛び出た枝を切り返しながら育てます。全体を強く刈り込むと花が減ります。

害虫

小さめの毛虫がつくことがあるので、専用の農薬で消毒するか、1匹ずつピンセットでつまみ取って燃えるごみとして捨てます。

増やし方

販売されているものは挿し木が多いですが、家庭栽培では種を蒔くのもいいでしょう。

種の蒔き方
自然に裂けた果実から種を採取し、土に蒔いて1cm程土をかけ、乾燥させないように管理すると、春に発芽します。種や若い苗はナメクジに弱いので、ナメクジ誘引剤などで種や若い苗を守る必要があります。


スポンサーリンク


最終更新:2015-02-18 09:53:11

フリー植物大全 栽培講座

観葉植物の育て方 鉢植えの育て方 家庭でできる害虫対策 剪定方法の基本 家庭果樹入門講座 枯れた原因検索

スポンサーリンク